大好きだった先輩が看護師に・・・10年ぶりに会ったらセフレになった!

先月の各出会い系サイトのセフレゲット数ランキング!

PCMAX PCMAXQRコード
サイト名 セフレゲット数 サイト利用料 レビュー
PCMAX 4 約1,500円(150P) 詳細はこちら
ワクワクメール 3 約1,500円(150P) 詳細はこちら
ハッピーメール 2 約1,000円(100P) 詳細はこちら
YYC 1 約1,000円(100P) 詳細はこちら
合計 10 約5,000円(500P) お勧めランキング

大好きだった先輩が看護師に・・・10年ぶりに会ったらセフレになった!

3月某日、近くの市民体育館にあるジムでトレーニングを終えた後、ラブホで現役看護師と一夜を共にした。

 

事の発端は2ヶ月前である。久々にフェイスブックにログインし、誰か知り合いを探して友達申請をしていたら高校時代に大好きだった2個上の先輩を発見する。

 

もうかれこれ高校を卒業してから10年以上経つが、久々に先輩の名前を見たときに、学生時代に好きだった感情が押し寄せてきた。

 

すぐにフェイスブックで友達申請をすると、30分後くらいにフェースブックでメールが届いた。メールを開くと先輩からのメッセージだった。

 

「おひさ〜、めっちゃ久しぶりやね☆申請ありがとう♪」

 

今までもフェイスブックはたまに使っていたけど、知り合いに友達申請を送ってメッセージが来たのは初めてだった。なんだか妙に嬉しくなって、すぐさま管理人も返信をした。

 

聞きたいことは山ほどある。だって10年以上会っていないし、その期間も一切連絡を取っていなかった。高校の時の部活で応援に来てくれたことがあったので、記憶が正しければ最後に会ったのはその時だ。

 

当時はラインなどのアプリが無かったため、メールでやり取りをしていた記憶が蘇る。ずっと好きだったけど告白できなかった。高校を卒業してからもそのことをずっと引きずっていた部分があった。

 

二十歳の時、ものすごくわがままな年下の子と付き合っていて、束縛が超激しくて、携帯に登録してある女の子の連絡先を全て消されて携帯番号とかも替えたことがあった。

 

10年以上連絡を取っていなかったのは、「連絡を取りたくても取れなかった」というのが本音。

 

で、フェイスブックで久々にメールでやり取りをしていると、何年か前に管理人と連絡が取りたくなって、色んな人に聞いて回ってくれてたみたい。結局管理人の連絡先を手に入れることはできなかったみたいだけど、そのことを聞いてものすごく嬉しくなり興奮した。

 

「もしかしたら俺のこと気になってくれてたのかな?」「その時、連絡取っていたら今頃付き合っていたのかな?」など、得意の妄想をしまくっていた。

 

先輩はフェイスブック上で彼氏がいると公開してるし、彼氏とのデート写真なども公開しているので、あえて彼氏のことや結婚の話しはしなかった。ちなみに管理人はすでに結婚していて年下の妻がいる。

 

お互い30代になると、その辺りのことは聞かないのが暗黙のルール。当然先輩も、管理人に彼女いるの?とか、結婚してるの?なんて聞くことはなかった。

 

ラインのIDを聞こうとも思ったけど、お互いフェイスブックでやり取りしてる方がバレない気がしたので、フェイスブックのメッセージでやりとりをすることに。

 

毎日メールをやり取りしていると、先輩は看護師として毎日頑張っていると知った。管理人の中では「看護師=エロい」が定着してるので、「この先輩もエロいんだな」となんだかワクワクして想像がどんどん膨らんでいったのを覚えている。

 

お互い、「久々に会いたい〜」等言うことはあっても、ご飯に誘ったりデートに誘ったりすることはなかった。理由は断られるのが嫌だったから。でもどうしても会いたかった管理人は、どうにかして会えないか必死で考えていた。

 

すると会話の中からたまにジムに行ってトレーニングしてるということを聞いた。でも一人だと全然続かないらしく、ダイエットも上手くいかないみたい。後で知ったけど、実は先輩は巨乳でややポチャ体系のものすっごいエロい体型で管理人の理想の体型だった。グラビアアイドルで言うと磯山さやかくらいかな。あと5キロくらい足した感じかもしれない。

 

そんな先輩に、俺もジムに行って鍛えたいことをさりげなく伝えると、「じゃあジム行くの付き合ってよ??」とまさかのお誘いを頂いた。即答で「行く!」と返事をし、4日後に一緒にジムに行くこととなった。

ジム友から急接近してセフレに・・・

ジムで10年以上振りに会った先輩は、30代になった今でもものすごく可愛くかった。少し大人になったな〜という感じはあったけど、学生時代の可愛さも残っており、当時の恋愛感情がまた出てきた。

 

何より、当時は緊張してお互いあまり会話ができなかったけど、30代になると普通に話すことができる。管理人も大人になったんだなと感じた。

 

先輩とは一緒にストレッチをしたり、並んでウォーキングマシンを使ったり、筋トレを教えたりと、妻とは味わえない楽しさを先輩と味わっていた。

 

ジムには週に2回ペースで行き、いつも最終(21:30)まで一緒に汗を流していた。ある時、ジムを終えた後に久々にご飯でも行かない?と誘ってみた。

 

先輩も管理人もトレーニングウェアを着ていたけど、先輩は「いいよ♪」と言ってくれた。ご飯に誘ったのはもちろん行きたかったのもあるけど、管理人の嫁が夜勤で帰ってこない日だったというのが一番かもしれない。

 

先輩とはジムの近くのファミレスで軽く食事をして1時間くらい話をしていた。「そろそろ帰る?」と声をかけ会計を済ませて外に出たとき、「明日休みだからもうちょっと一緒に入れるよ♪」と言ってくれた。

 

ただただ嬉しかった。一緒に汗を流していたこともあり、お互いの距離はかなり縮まっていた。「じゃあホテルでも行く?」と冗談っぽく聞くと「しかたないな♪」とまさかのOKだった。

 

管理人のペニスは一瞬でそそり立った。だってものすごく可愛かったから。興奮が冷めないうちにすぐに車でホテルまで行きチェックインをした。ジムで汗をかいていたけど、シャワーを浴びることなくそのまま1回戦を迎えた。

 

10年振りの思いを先輩とのエッチにぶつけた。ちょっとむっちりとしたボディだけどバストはEカップ。巨乳好きの管理人には最高のご褒美だ。「好き」という感情が上回りすぎて、正常位のみで逝ってしまったけど、一緒にシャワーを浴びたあと、すぐに2回戦に突入した。

 

どっちが先に逝くか勝負しようと提案をして、シックスナイン(69)を始めた。負けた・・・。フェラが上手すぎてまったく勝負にならなかった。実際には逝きそうになる前に止めたので逝ってはいないが、ちょっと悔しかった。

 

その後に先輩にもクンニと手マンで逝ってもらい、挿入でもしっかりと逝ってもらった。結構逝きやすいタイプだったのでさらにエロく感じた。フェラも上手かったけど個人的には騎乗位の時が一番ヤバかった。

 

声もエロいし腰使いもエロいし身体もエロい、なんだこの女は?とか思いながら結局3回戦まで頑張った。さすがにチンコが痛くなって4回戦はできなかったけど、充実した1日だった。

 

セックスもかなりの運動量なので、ダイエットになるんじゃない?と提案をしたら、定期的にジム終わりにホテルに通うことになった。セフレになった先輩を、嫁に内緒でこれからも抱いていこうと思う。